トップ > 介護施設の種類

有料介護施設には高齢者の状況に応じて様々な種類の施設があります。どの施設も基本高齢者向けの施設になりますが、相談者の要望、生活環境、経済状況、健康状態などによって選べる施設が変わってきます。

2ホーム.jpg

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護が必要な人が対象となります。介護保険で特定入所者生活介護の指定を受けており、高齢者が食事の介助や入浴介助などの日常生活の介護サービスや、食事の提供や居室の掃除などの生活介護サービス,施設のスタッフによる機能訓練を受けることのできる民間経営の高齢者施設です。

ホーム1.jpg

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護が必要な人・必要のない人の両方が入居できます。介護が必要な人には、訪問介護サービスやデイサービスなどの在宅介護サービスを利用することになります。高齢者が食事の介助や入浴介助などの日常生活の介護サービスや、食事の提供や居室の掃除などの生活介護サービスを受けることのできる民間経営の高齢者施設です。

keyVisual_home02.jpg

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、高齢者が安心して生活できる賃貸住宅で、住居として一定の広さや設備があり、バリアフリーであること、ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスを提供することが義務付けられています。居室はバリアフリーで、安否確認、生活相談の提供などが行われています。訪問介護サービスなど、自宅で介護保険を利用する場合と同様に利用できます。

ikoi_image01.jpg

グループホーム

グループホームは、認知症の高齢者が、少人数(5人~9人)の家家庭に近い雰囲気の中で、食事の支度や掃除、洗濯などの家事を行い、自宅に近い状況で介護や日常生活上の機能訓練をケアスタッフの支援を受けながら、自立した共同生活を営むことができる施設です。

ph_kawawa01.jpg

特別養護老人ホーム

常に介護が必要で、自宅での介護ができない方のための施設として「特別養護老人ホーム」があります。食事や介護などの日常生活の介護や健康管理を受けられます。また、1か月の施設サービス費が他施設に比べて低くなっています。しかし、このような施設は入所希望者が多く、長期間入所待ちという状況です。寝たきりや認知症などにより日常的な介護が必要で、在宅介護が困難であるとされる高齢者の生活のための施設なので、介護スタッフが多いことが特徴です。原則として、入所するには介護保険の要介護認定を受け、要介護1以上の認定を受けることが必要です。

デイサービス

通所介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。
利用者が通所介護の施設(デイサービスセンターなど)に通い、施設では、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。生活機能向上グループ活動などの高齢者同士の交流もあり、施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。

デイケア

日常生活において支援・介護が必要な方が、介護老人保健施設や医療機関等に通って、心身の機能の維持回復を図り、日常生活における自立支援のためのリハビリテーションを受けるサービスのことです。リハビリが中心になります。理学療法士などのリハビリテーションを受け、日常生活をできるだけ自分で行えるように訓練をします。